サイトについて掲示板お絵描き掲示板チャットコミュニティメールフォーム




ホーム>レディアント マイソロジー

※現在このページは諸事情により更新が途中で停止しております

テイルズオブ』シリーズのキャラクターたちと
     冒険の旅に出かけよう!
  情報
公式サイト
基本情報
キャラクター
声優情報

連動WEBサイト

レディアントマイソロジーBBS
 雑談、質問、情報提供など
 ご自由にお使いください。
 (新しいウィンドウで開く

  攻略
簡易攻略チャート

・クエスト

  まとめ・データベース
・よくある質問

裏技・小ネタ・バグ

プレゼントアイテムセットまとめ

期間限定配信キャラまとめ

2周目以降のプレイについて

キャラデータ
  まとめ・データベース
転職

術技

称号

▼アイテム
・緑武器

▼生産
・料理
・鍛冶
・服飾
・道具

▼モンスター


PSP用『テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー』

発売日:2006年12月21日
価 格:5,040円(税抜価格4,800円)
ジャンル:君のためのRPG
著作権表記:(C)いのまたむつみ (C)藤島康介 (C)2006 NBGI


管理人的評価(↑A+〜E-↓)
ストーリー A-
分かりやすいシナリオなのでプレイしやすく、予想外の展開が結構あって面白いと思った。
キャラクター C+
誰もが思うと思うが、歴代キャラが中途半端にしか出ていないという点が一番痛い。
キャラメイクのバリエーションが意外に少ないところも気になる。
あとモルモの台詞が臭い。
主人公を含むオリジナルキャラがでかいのか、歴代キャラが小さいのか、とりあえず大きさのバランスがさりげなくおかしい。
システム A+
上記の通りキャラメイクはバリエーションこそ少ないものの、良いシステム。
作り甲斐のある、オンラインゲーム(主にMMORPG)を髣髴とさせるスキルの熟練度システム。
クエスト制のゲームなので携帯ゲームにもってこい。
イベントスキップがあればもっとよかったかも。
グラフィック B-
アビスのグラフィックをちょびっと荒くした感じ。
敵がアビスの使いまわしばかりなので手抜き感がある。(新しくたくさん作るのは大変だろうから仕方ないとは思う)
全装備に固有の“キャラグラ変化”があるところはすごくがんばっていると思う。
音楽 A-
各シリーズの戦闘音楽の再現具合がすばらしい。
サウンドテストも搭載。
操作性 B-
最初移動に難を感じたが、すぐに慣れる。
カメラアングルが悪い時があるが、ちゃんと変更できるので問題なし。
戦闘での動きなどがもっさりしている。
アイテムをたくさん持つことができるのに、一気にスクロールしたりする機能がないのは不便。さらにアイテム総数に比べ持てる最大の数が極めて少ない。
やりこみやすさ A+
やりこむことが前提のゲームのようなもの。
なので同じことをひたすら繰り返すのが嫌いな人には向いていない。
全体的難易度 A-
難しいダンジョンがあったりするわけではないが、敵が強い。というか味方が弱いのかもしれない。
戦闘レベルを上げるとハンパ無い。
総合評価 A-
久々に純粋に面白い作品。
だがやはり“テイルズオブザワールド”として売っているのに歴代キャラが少ないところが痛いと思う。これなら、“テイルズオブザワールド”と付けないほうがよかったのかもしれない。
もしくは、はじめから一部のキャラが出演と告知していればそうは気にならなかった可能性もあるのかも?
しかしTOD2のキャラが誰も戦闘に参加しないというのはいただけない。

主人公の見た目変化、携帯ゲーム、クエスト制、テイルズキャラが出る、ターン制の移動じゃない、と言うところから考えると なりダン2 の正当進化に見え無くもない。
※あくまで私の個人的な評価ですので。

▼評価方法▼
ストーリー:良い話かどうか、感動、笑い、ストーリーへの入り込みやすさ等
キャラクター:これはなんとなくで評価、個人的に好きなキャラがいたりすると高評価かも
システム:戦闘からそのシリーズ特有のシステムまでを踏まえて、そのシステムは良かったか悪かったか等で評価
グラフィック:そのままです、グラフィックはどうかという評価です
音楽:BGM系をまとめて評価、OPの良さ等も少し反映しています
操作性:操作はどうかということで、戦闘時、非戦闘時等の動かす部分についての評価
やりこみやすさ:コンプの簡単さはどうか、長く出来るものなのか、やりこみが出来るものなのかと言ったような評価です
全体的難易度:そのゲームが難しいか、簡単か等の評価
総合評価:上記の評価基準から割り出したそのゲームの評価や、ゲーム全体を見通しての感想など